忍者ブログ
IT Panorama パノラマ 写真 デジカメ GIS 地理 情報 測量 地図 Hugin PTGui Autopano GR Digital QTVR SIGMA DP1 FOVEON コンデジ QTVR 360度 Flash Panoramic Photo 全景 全周 immersive image kolor VR 360 空間撮像家 panoramic photographer ぐるぐる
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●究極の場所でのパノラマ-MSN 産経フォト(南極 昭和基地)

感動しました。

いや~、ついにここまで足を運びましたか と言いたくなる「南極昭和基地」
のパノラマが MSN 産経フォト パノラマ写真館に3カットUPされています。

羨ましい(記者特権か?)。
空気が澄んでいて、見ていて気持ちが良い。
雪上に延びた三脚の影が、天気の良さをうかがわせていますね。
(このような、撮影のチャンスが南極ではどれだけあるのでしょうか)


でも、普通の人が行けない場所を、こうやってパノラマで見ることができる
時代になったことを喜ぶべきかも知れません。
(パノラマの使い方の正道!!)

産経さん、アッと思わせるパノラマの作成を期待しています。



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
南極パノラマまだ続きます
 いつもご覧いただきありがとうございます。南極パノラマは、まだまだ続きます。また今後も、いろいろなニュースをパノラマ写真で撮影していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
産経新聞・写真報道局 2011/02/24(Thu)14:33: 編集
re:南極パノラマまだ続きます
産経新聞・写真報道局様

拙ブログへのコメントありがとうございます。
(大変恐縮しております。)

私は、以下の2点で産経さんのファンです。

1点目は、司馬遼太郎さんの古巣であること。
2点目は、報道機関として日本で初めてパノラマ写真を活用した情報発信をされたこと。
(貴局のご英断はすごいと思っております。)

できれば、「坂の上の雲」シリーズのパノラマバーチャルツアーなどが実現できればなどといつも夢想しております。

今後のご活躍を期待しております。

重ねてコメントありがとうございました。
ダルマ管理人 URL 2011/02/24(Thu)15:57: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561
«  Back :   HOME   : Next  »
パノラマ一覧
Panobook 2009 - 365 panoramas from all around the world
カテゴリー:panoramaで詳細をご覧下さい
Google Translate
Automatic Translation
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Your PC's Time
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/24 K.Oshikawa]
[08/30 Taka_M]
[08/11 ダルマ管理人]
[08/11 通りすがり]
[04/08 shiga]
[03/25 ダルマ管理人]
[03/25 にのみや@QTVRDiary]
[07/16 にのみや@QTVRDiary]
[07/03 ダルマ管理人]
[07/03 にのみや@QTVRDiary]
[04/23 浪花 潔]
[04/21 ダルマ管理人]
[04/21 名無しの通りすがり]
[02/28 ダルマ管理人]
[02/28 山道正男]
[02/19 山道正男]
[02/19 ダルマ管理人]
[02/19 山道正男]
[02/05 にのみや@QTVR Diary]
[02/03 ダルマ管理人]
ブログ内検索
Google
きざし - kizashi
今日のことばのランキング
WEB上のことばの兆し
バーコード
お天気情報
カウンター
忍者ポイント広告
アクセス解析
なかの人
プロフィール
HN:
ダルマ管理人
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1960/09/26
職業:
自由人
趣味:
写真、パノラマ、GISなど
Powered by SHINOBI.JP
忍者ブログ [PR]