忍者ブログ
IT Panorama パノラマ 写真 デジカメ GIS 地理 情報 測量 地図 Hugin PTGui Autopano GR Digital QTVR SIGMA DP1 FOVEON コンデジ QTVR 360度 Flash Panoramic Photo 全景 全周 immersive image kolor VR 360 空間撮像家 panoramic photographer ぐるぐる

●KODAK SP360 のスペックが分かったのだょ

 何かとベールに包まれている感がある「KODAK SP360」ですが
FBのタイムラインとかを眺めていると、やっと作例とか出始めましたね。



色々と調べてみると、

 ・画角    214度
 ・焦点距離 0.805mm (35mm換算:8.25mm)
 ・F値          2.8
 ・センサー   1/2.33" CMOS
  ・有効画素数16.36MegaPixel
 ・重量         103g(バッテリーを除く)

  これだと、前後2発撮りで360度パノラマ、360度パノラマビデオ撮影も
可能なようです。

 Wi-Fi,NFCにも対応しているようです。
 何かと多彩なアクションカメラのようですね。


 まだ、日本に販売代理店はないのでしょうか?
 

PR

●二丈の赤米 穂の色は筆舌に尽くし難い色でした


先週、「二丈赤米産直センター」にお邪魔してきました。


入口の天井に吊るされている赤米の穂の色は、単純な赤色ではありません。

和色で言えば、(真紅  しんく)に近いのではないかと思います。

吉住さんの思いが込もった赤米を、パノラマ写真でどうぞ。

写真をクリックすると、「花鳥風月」で見ることができます。

 

毎年の努力に、頭が下がるばかりです。


●KODAK Pixpro SP360

2012年に連邦破産法の適用を受けたKODAK。個人的には、非常に好きなメーカーでした。

2014年になって、KODAKから Pixpro SP360(分類はアクションカム
になるのでしょうか)が発表されています。



光学系に関する仕様は不明ですが、年内には発売されるだろうと
インターネット上の情報ソースでは予想されてているようです。
(この黄色がいいですね)

プロトタイプの写真だけかと思っていましたが、プロモーションビデオがこちらのHPにUPされていました。

 

見る限り、画質も良いようです。

TOKYO Skydiving Club の方々が頭につけて撮影されているようなので
日本で撮影されたのかも知れません。


今年は、ELMO QBiC MS1も発売されましたし、年内にはSP360も
発売されるとのことなので、期待が持てますね。

勝手に、アクション・パノラマカメラ セカンドジェネレーションの到来と命名しておきます。

Goproはすごいと思いますが、やはりそれを越えるものが出てこないと
進歩はないですね。

切に、SP360の仕様公開を希望します。 --> KODAK 様。

(備忘録として、記述)


 ●ELMO QBiC MS1  2つのリグ 

ほぼ、時期を同じくしてQBiC MS1 用のリグが日米で並行して開発
されていたようです。




それぞれの設計思想が異なるため、ご覧頂いている写真の通り
カメラの配置が違います。


どちらが、よりきれいにスティッチングできるかは取得された画像
を実際に処理してみなければ分かりません。

光学的見地から推測すると、光軸は1点に収束した方が望ましい
と思われます。

皆さまの、好みはどちらでしょうか?


●御礼-いつの間にか17万回の訪問を受けたようです

最近、放置プレイになっておりました拙ブログですが、
いつの間にか 訪問して頂いた回数が17万回を超えた模様です。

訪問して頂いた方に、厚く御礼申し上げます。

これからも、時々パノラマ絡みの情報発信を続けて行こうと思う所存です。

昨年は、Ricoh Theta に始まる手軽な360度パノラマ撮影 機材が大変人気
を博したようです。

今年は、さらに手軽な360度Motionパノラマ撮影機材が発売されますね。
きっと、これは売れるに違いないと思っています。

ある意味、エンドユーザばかりでなく現場の状況保存記録デバイスと しても使えるのでは
ないかと思ったりします。(何より、持つことの楽しさ満載の機能があります)


 前期高齢者予備軍の年齢になると、なかなか最新の技術に追いつていくのは
大変ですが、ボチボチ頑張っていこうと思います。

 これからも、どうぞよろしく応援お願いいたします。


●備忘録:3Dカメラの大きさが、ここまで小さくなった!

 3Dカメラの大きさが、ここまで小さくなっちゃいました。
 重さ23gだそうです。

 

また、このメガネも小さくて興味がありますね。


 備忘録として、記述

●360Precision Carbone パノラマヘッド登場

 いつか出るだろうと思っていましたが、360Precision からCarbone Fiber製の
パノラマ雲台が発売になりました。

 


 715USDだそうです。

 欲しくてもなかなか買えませんが、備忘録として記述。

●そろそろ、春の香りが

 年度末繁忙期で忙しく、ゆっくり撮影どころではありませんが
糸島市小富士の梅園を先週撮影してきました。

枝垂梅が、地上5cm位まで枝を垂らしておりました。

撮影許可を頂いて、木の下にもぐりパノラマ撮影を致しました。

早春の気分だけでも、どうぞ。

花鳥風月にUPしてあります。

http://goo.gl/wYj2GG






●糸島市応援団 保存樹 バクチノキ(博打の木)


 本年2月より、糸島市の保存樹のアーカイブを作成するために
個人的プロジェクトを開始しました。

 糸島市は大きく、旧前原地区と旧二丈地区に分かれています。

 現在、旧前原地区から撮影を開始しています。

 保存樹の中で気になったのがバクチノキ(博打の木)です。
(撮影許可を頂き、木の近くから撮影させて頂きました)

 名前からして面白い。
 (博打に負けると身ぐるみ剥がされて、裸になることから連想してつけられた
  木の名前のようです)

 


 確かに、身ぐるみ剥がされたような赤い樹肌をしています。

 花鳥風月にもUPしておきましたので、時間のある方はご覧ください。

http://www.kacho-fugetsu.net/scenes/view/eCcYffetRoQg0Rf1

世の中には、面白い名前を持つ木があるものですね。




●追記-No Parallax Point database

 パノラマ撮影時のレンズの回転中心位置は、一昔前は、Nodal point
または Panoramic Pivot point などと呼ばれておりましたが、最近では
No Parallax Pointと呼ばれていますね。
(実はレンズのEntrance Pupil(射出瞳位置)と密接に関係があるようです。)

この位置を、自分で正確に決めるのは結構根気が要りますね。
まして、複数のレンズを保有しておられる方は大変です。

魚眼レンズや広角レンズに関しては、下記のようなデータベースが
公開されておりますので、非常に助かります。

http://wiki.panotools.org/Entrance_Pupil_Database

世の中に、どれほどの種類のレンズがあるのかは知りませんが
中でも、ズームレンズのNo Parallax pointについて記述してある
データベースはこれまで見たことがありませんでした。

必要に迫られて調べたところ、特にNikonのレンズに関して
詳しく計測された資料を見つけることができました。

特に、ズームレンズの各焦点距離に応じたNo Parallax Point
の位置を詳細にかつシリアル番号(ロットによって位置が異なる?)
によって区別してあるのには驚きました。

作成されたのは、Joseph s Wisniewski さん。
(計測・作成の努力に感謝致します)

今は見れなくなっておりますが、元々は

http://www.swissarmyfork.com
/Lens_Table_1.htm

として公開されていたようです。

私は、Nikonユーザではないので、実戦に投入する術がありませんので
必要な方はご連絡下さい。

PDFにしておりますので、メールでお送りするようにしたいと考えております。

先人の知恵が、そのまま埋もれてしまうのは惜しいと思い、公開致します。


●2014年も明けました (おめでとうございます)

 2014年も明けて、いつの間にか「成人の日」を迎えようとしております。

 業務柄、年末~年度末まで忙しいのでなかなか更新ができておりません。

 昨年は、360度パノラマビデオがGopro Hero3とこれに対応したリグ(雲台)
の発売により、かなりブレークしたのではないかと思っております。

 Ricoh Thetaの発売により、皆さまの身近にパノラマが親近感を持って
迎えられたのもグッドニュースでした。

 
今年は(2014)は、どういう方向に進むのだろうと考えているうちに
キーデバイスとなり得るリグ(雲台)がやはり出てきました。


 360Herosから発売された 「3D 360 Video」が撮影できる「3DH3Pro12」



 6面体の各面に、2個ずつGopro Hero3が配置されて、必ずステレオ(立体視)
画像が取得できる仕組みになっています。

 右下に赤青(アナグリフ)メガネがあるように、先ず余色実体でお手軽に3D画像
(3Dパノラマ)が楽しめるのだと思います。

 少し、発展的に考えるとこの仕組を利用して3Dパノラマ画像の上で3次元の計測
が可能になるはずなので、きっとそのようなソリューションが出てくるのは時間の問題
かと思います。

 これを持ったまま、部屋の中を歩き回れば部屋の寸法が計れたり、物の体積等が
簡便に計測できたりするようになると思います。

さあ、年々進化するデバイスとソフトウェアに、前期高齢者予備軍としては付いて
行けるか心配ですが、新しい展開に期待しましょう。


●AirPano の撮影するパノラマは驚きの連続

 今、世界で最も活躍するパノラマクリエータとして注目されているのは
ロシアに本拠地があるAirPanoチームだと思います。

 水中から洞窟、そして空の上までをカバーしており縦横無尽の活躍を
しています。

 私が最も感動したのは、ケニヤのボゴリア湖で撮影されたフラミンゴのパノラマです。
200万羽以上のフラミンゴの上空から、パノラマでこの空間をアーカイブしたのは
きっと、世界初だと思います。(美しすぎて涙がこぼれそうになりますね)


 彼らが、一朝一夕にしてこの技術を身につけたのではなく、非常な努力をしつつ
技術を蓄積していったのは、こちらのページで分かります。

 http://www.airpano.com/Articles-List-AirPano.php

 今後の活躍に、ますます注目しましょう。


 


●Bublcam Simulation

生憎の雨なので、来年5月に発売されるというBublcamのスティッチングの
シミュレーションをしてみました。








 レンズ4つで、ちゃんとスティッチングできそうですね。

欲しいですね。

備忘録として記述。


●Kolor - Autopano.net のWikiページを活用しましよう

 KolorのWikiページは、充実しています。

 活用しない手はないですね。

 特に、最近注目を集めている Gopro Hero3 ,Hero3+を使用した
360°パノラマビデオを作成する方は、以下の2トピックを見るだけでも
価値があると思います。

1.About Gopro Focal length and FOV

    http://www.autopano.net/wiki-en/action/view/Autopano_Video_-_Focal_length_and_field_of_view


2.Autopano Video Template Stitching

    http://www.autopano.net/wiki-en/action/view/Autopano_Video_-_Template_Stitching


最初から、このような解が得られれば苦労することはありませんね。

備忘録として、記述。

●Bublcam は来年5月に出荷開始予定

 Richo Theta が発売されて以来、FaceBookには購入された皆さまの楽しそうなスナップパノラマが投稿され続けています。

 スナップパノラマのみならず
 ・建築関係での使用(現況確認・プレゼン用)
 ・森林関係での天空状況の確認など

我々が想像し得ない使い方も出てきています。

 やっぱり、全周画像=空間アーカイブなんですね。


 一方で、これまで研究・開発されたものがKickstarterなどで資金を調達し新たな製品の発表もなされています。


 その、最たるものがBublcam 価格的にも画質的にも良さそうです。
日本語での解説記事も出てきています。

 http://techable.jp/archives/8763

http://gigazine.net/news/20131115-bublcam/

本家のHPを見ると、もっと詳細な情報が得られます。

http://www.kickstarter.com/projects/bublcam/bublcam-360o-camera-technology-for-everyone


私としては、もうUAVに搭載するしかないと思っています。

備忘録として、記述。


●Ricoh Theta に思うこと

 11月8日に、ついに日本でもRicoh Thetaが発売されましたね。

 ラッキーな事に、10月に縁あって染瀬さん、堂城川さん、よしみカメラの一木社長、山崎さん、河口さんと一緒にほろ酔いしつつ情報交換する場を設けて頂きました。

 その際、一気に2台のRicoh Thetaが目の前に現れ、そのコンパクトさと機能に
驚きました。(テストユーザになられていたのだと思います。)

 その場で撮影したものが、あれよあれよという間にスマホのネット回線を使用してFBにUPされるのを見ていると、こりゃ時代が変わったと確信致しました。

正式発売になった後、FBのTLには皆さんが撮られたThetaによる全天球画像が数多く投稿されています。


そこで思ったことは
・スティッチングの苦労から開放され、パノラマをワンショットで撮る楽しみ を提供するデバイスである。
・よって、撮影の幅が広がるので、これまで敷居の高かったパノラマ撮影に
 踏み出していない人が受け入れてくれる。
・できる事とできない事が分かる人は、上手く使い分けて楽しめるデバイス
 である。

なぜ、Thetaはこのようなことができたのか
・3年前のこの特許が根本にあるようです。
(これを見る限り、Thetaの魚眼レンズの画角は200°、よって前後2発撮りで
OKということになります。)

ネタ元:エンジニアの嗜み
http://egami.blog.so-net.ne.jp/2010-04-29


ただ、Thetaでは高詳細パノラマは撮影できないので、パノラマクリエータ諸兄の
業務領域を侵食することはないように思います。


●かつて制作された、最も広角(魚眼)なレンズ トップ5の詳細

 PetaPixelに、この記事がアップされていましたので、備忘録として記述。

 

 http://goo.gl/AdCKKl

  光学系の断面図もあり、見ていて楽しいですね。


●祝 30周年 九州盲導犬協会

 去る9月29日(日)に、九州盲導犬協会において「30周年 感謝祭」が
開催されました。

【(公財)九州盲導犬協会】
http://www.fgda.or.jp/index_new.html

 前から気になる建物であったのと、昨年東京で「サイトワールド」に
お邪魔してから、盲導犬のことが何かと気になっていたので撮影を
兼ねて行ってまいりました。

全てがボランティア(公助)の精神で成り立つこの活動、少しでも
お手伝いしたいものです。

協会の入口で遭ったリタイア犬 ドリーム号の前で、パノラマ撮影
をさせて頂きました。(ドリーム号は優しい飼い主さんに引き取られ
幸せそうです。)

 
 (花鳥風月へのリンクを貼ってあります)

盲導犬の定年は10歳。 ドリーム号は現在12歳。
このあと、協会の建物の中でドリーム号の前のユーザーさんと
ドリーム号との再会には何か熱いものを感じました。
(前ユーザさんは新しい盲導犬と一緒に参加されておりました。)

年間10頭くらいしか卒業できない、シビアな世界のようです。

何かと学ぶことが多かった、有意義な一日でした。


●360Heros H3Pro10HD の不思議

  360HerosのHPの写真を見ると、この角度では8台のGoproの装着台数
が確認できる。


 

 
 残り2台はどこ?って思っていたら、謎が解けました。

 


でも、2台平行に並べて正常にスティッチングできるのだろうか?
(Autopano Video や VideoStich は6台以上のカメラ数に
対応しているのだろうか?)

実データで、スティッチングを試してみたいものだ。

備忘録として、記述。


●ローアングル・パノラマ撮影システム暫定版


 SunwayFOTO DR-H70を使用した、ローアングル・パノラマ撮影システム暫定版
です。

 

 このシステムでの、フィールドテスト結果は下記の画像になります。

 


 花鳥風月にUPしてありますので、時間のある方はご覧ください。
http://www.kacho-fugetsu.net/scenes/view/uE9qSMgcYhf4SIZK

 必要な時には、スタンドを外し、ハンドル部分を地中に埋め込みます。



●SunwayFOTO DRH-70 (フォーカシング・ハンドル)を雲台として使う

 Kanekoさんの、この記事に触発されて、私もSunwayFOTO DRH-70を
購入しました。

http://qtvr.asablo.jp/blog/2013/06/25/6876909


作りは、アルミの削り出しのようで十分な剛性がありそうです。

 

 本日、テスト撮影を予定していたのですが生憎の雨となり、雨天でも
撮影できる場所を探して行き着いた先が、神社の手水舎。

 その前に、この細い支柱はとても手では持てないと思い、近所のDIYショップで
下記の道具を購入。

 【ツートンカラーチャック】

 

 上下を反転させ、ドリルチャックの穴にDRH-70の支柱を挿入し固定します。
中心軸はぴったり、かつ、手で持てる部分ができることと、地中に突き刺す部分
が延伸されるので、とても便利だと思います。

 テスト結果は、花鳥風月にUPしております。
時間のある方はご覧ください。
(やはり、センサーの大きいカメラが必要なようです。)

 

これで、超低アングル・パノラマを撮影するワークフローができたようです。
(ホットシューに付ける、3軸気泡管は必須かも知れません。)

Kanekoさん、素敵なアイデアをありがとうございました。

さて、何を撮影するかが課題ですね。


●彩都の水 (命を彩る伊都の水) 


 通勤途中に看板が見えていたので、本日気になって水汲みを兼ねて撮影してきました。

 もともと、分譲マンションの建築予定地でボーリングをしたら温泉
(ラドン温泉)が出てきたので、地域貢献にと予定変更して水の販売所
を作られたそうです。

 駐車場も4台分確保されており、まちなかでこういう施設があるのは
ありがたいかも知れません。

 販売店さんのHPは、こちら。
http://www.pureland-ito.jp/


【彩都の水:パノラマ】

 
(花鳥風月へのリンクを貼ってあります。)



●PTGui (Pro) 9.1.8がリリースされました

8月10日に、PTGui (Pro) 9.1.8がリリースされました。

主に、Bugfixのためのマイナーバージョンアップとなっております。

【バージョンアップ概要:意訳】
1.MacでPTGui(Pro)を起動させた時に、ハングアップする現象に対応。
2.GPSImageDirection EXIF tagの正しい書き出しに修正。
  (他のアプリケーションでこの情報が正しく認識されていなかった模様)
3.Macでコマンドラインからファイル名をPTGui(Pro)にパラメータ
  として渡した場合、画像イメージが2重に開かれる現象に対応。
4.パノラマエディタ上で、パノラマ画像の右端に(市松模様の)
  チェックボードパターンが見える現象に対応。


ということで、Macを使われている方にはメリットが大きいようです。

備忘録として、記述。


●Autopano Video (Pro) V1.0 製品版がリリースされています

8月1日、Autopano Video (Pro) V1.0 製品版がリリースされています。

 

今回リリースされたのは、Windows版とMac版です。(Linux版はもう少し後)

ライセンスをお持ちでない方は、インストール後Demo版として試すことが
可能です。
(制限として、30秒を超えるスティッチング・レンダリングができない。
 AUTOPANOのウォーターマーク(文字)が入る。)

特に、MultiBandでレンダリングする時、AMDのATI グラフィックスカード
(GPU)を使った時のスピードアップが図られているようです。

画像処理の世界では、最早64bitOS環境・GPUなしでは現実的な時間
で処理が終わらない時代になったようです。

備忘録として、記述。


●VideoStitch v1.1がリリースされました


 7月15日、VideoStitch v1.1がリリースされました。

【概要】

1.このバージョンから、 Mac用のBetaバージョンが使えるようになった。
2.レンダリングの処理スピードが、補間方法にもよるが2.8倍から
  4.33倍前バージョンより速くなった。
3.レンダリングのブレンド処理の補間方法として
  ・Linear(処理速度優先) 新機能
  ・Multiband(画質優先)
  の選択が可能になった。
4.選択した入力ビデオのサウンドを、出力ビデオにコピーできるようになった。
5.自動露出補正機能が実装された。
6.PTGui/Huginを使ったワークフローが改善された。
  例えば、テンプレートファイルのドラッグ・アンド・ドロップによる
  適用など。

詳細は、こちらをどうぞ。
http://www.video-stitch.com/videostitch-v1-1-release/

備忘録として、記述。


[1] [2] [3] [4] [5] [6
  HOME   : Next  »
パノラマ一覧
Panobook 2009 - 365 panoramas from all around the world
カテゴリー:panoramaで詳細をご覧下さい
Google Translate
Automatic Translation
カレンダー
10 2014/11 12
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Your PC's Time
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[10/18 AdrianDult]
[08/30 Taka_M]
[08/11 ダルマ管理人]
[08/11 通りすがり]
[04/08 shiga]
[03/25 ダルマ管理人]
[03/25 にのみや@QTVRDiary]
[07/16 にのみや@QTVRDiary]
[07/03 ダルマ管理人]
[07/03 にのみや@QTVRDiary]
[04/23 浪花 潔]
[04/21 ダルマ管理人]
[04/21 名無しの通りすがり]
[02/28 ダルマ管理人]
[02/28 山道正男]
[02/19 山道正男]
[02/19 ダルマ管理人]
[02/19 山道正男]
[02/05 にのみや@QTVR Diary]
[02/03 ダルマ管理人]
ブログ内検索
Google
きざし - kizashi
今日のことばのランキング
WEB上のことばの兆し
バーコード
お天気情報
カウンター
忍者ポイント広告
アクセス解析
なかの人
プロフィール
HN:
ダルマ管理人
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1960/09/26
職業:
自由人
趣味:
写真、パノラマ、GISなど
Powered by SHINOBI.JP
忍者ブログ [PR]保険見直し アイフォン